--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/1496-2cd3e9b7

12

01

コメント:

犬と歩けば チロリとタムラ (2004年 / 日本)

住む所を失った青年と捨て犬が、トレーナーとセラピー・ドッグとして、人々の心を癒すようになるまでを描くハートフル・ドラマ。
ココリコの田中直樹、りょう、片桐仁らが出演。
監督を務めたのは「東京島」の篠崎誠。

【あらすじ】

彼女・美和が里帰りしてしまい、行くあてもないフリーターの岡村靖幸は、1匹の捨て犬と出会う。
靖幸はその犬に“タムラ“と名づけともに行動をすることに。
一方、末期ガンを宣告された母親と引きこもりの妹の面倒をみるため実家に戻った美和を待っていたのは、想像以上の鬱屈した生活だった。
その頃、靖幸はテレビで「アニマル・セラピー」の存在を知り、翌日セラピードッグの訓練所を訪ね……。

・・・GYAO放映時「内容・詳細」

【関連リンク】

【犬と歩けば チロリとタムラ】映画公式HP



フリーターの岡村靖幸は途方に暮れていた。
同棲中の彼女・美和が末期ガンの告知を受けた母親と引きこもりの妹の面倒を見るために、仕事を辞めて帰郷することになったからだ。
住み込みの仕事を見つけようとするもなかなか決まらなかった。
おそらく、美和は危機感の無い靖幸に苛立っていたのだ。
帰郷=別れ。
それでも、現実を直視できないらしい靖幸は、どうでもいい話ばかりを繰り返し、引越しの荷物整理も出来ていなかった。
そんな時、コンビニの前で一匹の捨て犬と出会う。
ちょっと通りすがりにパンをあげて、頭を撫でてあげただけのつもりだったが、その犬は靖幸のあとをついてマンションまでやってきてしまった。

そしてついに、彼女・美和が帰郷しホームレスとなってしまった靖幸の前にあの犬が再び現れる。
その犬の姿が小学校時代の友人・田村に似ていたので「タムラ」と名づけ、飼うつもりもないのに捨て置くこともできずに一緒に行動する。

そんなある日、TVでセラピードッグのことを知り、スクールの門を叩く。

数ヵ月後、セラピードッグとして少しずつ力をつけ実績を積んだタムラを連れ、靖幸は美和に会いに行く。


靖幸「きっと役に立つから」

そして、しばらくタムラを美和に預けることにした。



最初は何気なくほのぼのした映画かな?と思いながら観てたんだけど、途中「セラピードッグ・プログラム」の宣伝映画?と思い始めたところから、ちょっとしらけちゃったんだよね。

たしかに、殺処分前に救い出してセラピードッグとして育てるというのは、素晴らしいことだと思います。
でも、引き取るのは素質がある犬だけなんでしょう?

わかります。
わかるんです・・・。
お金もかかるし、時間もかかる。
人手もいるってことは。

でも、ちょっと悲しくなってしまったのね。

映画は、ちょっとした感動に包まれ終わりを迎えます。

タムラを預かって、最初に変化を見せたのは引きこもりの妹だった。
ついで、家に戻った末期ガンの母親。
そして、色んなものを背負いすぎて苛立っていた美和も。
家族に笑顔が戻った。
美和の靖幸への態度も変わった。


もっと、普及して欲しいですね。

関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/1496-2cd3e9b7

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。