--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このコメントは管理者の承認待ちです

12

07

14:20

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/2675-d24fe62b

09

26

コメント:

その男 ヴァン・ダム

その男 ヴァン・ダム スペシャル・エディション [DVD]その男 ヴァン・ダム スペシャル・エディション [DVD]
(2009/05/22)
ジャン=クロード・ヴァン・ダムフランソワ・ダミアン

商品詳細を見る


1990年代を席巻したアクションスター、ジャン=クロード・ヴァン・ダムも、今や仕事は右肩下がり、銀行口座も底をついてしまった……!? 
どん底の男に起こった悲しい物語を描いた作品で、ヴァン・ダムが落ちぶれた“自分”を演じた話題作。

【あらすじ】

金銭トラブル、娘の親権争いは勝ち目なし、仕事は風前の灯……。
ジャン=クロード・ヴァン・ダムはロサンゼルスの喧騒から逃れ、故郷ブリュッセルへと向かう。
気力もうせ果てているのに、残高不足で現金も引き出せない。
嵐を逃れ休息を求めて来たはずが、とどめの一撃に見舞われる……。(2008年/ ベルギー・ルクセンブルク・フランス)
・・・GYAO「内容・詳細」より

--関連リンク--

【その男 ヴァン・ダム】公式HP



「その男 ヴァン・ダム」予告編



すまん・・・(ノ∀`)
この「予告」笑ろた。

ナレーション、あんまりすぎない?

しかも、ナレーター若本規夫さん(*^p^*)

こう、全面的に「悲哀」を感じるよね。
なのに、妙に笑える。



JCVD「すべてを1カットで撮るのは無理だ。俺は47歳なんだ、勘弁してくれ」

ジャン・クロード・ヴァン・ダム(以下:JCVD)、47歳。
もう、アクションを撮り続けるのは、体力的に限界だった。



笑っちゃ悪いけど、笑ったよなぁ(*^p^*)
アクションスターが本人役で、自虐ネタの映画に出るって・・・。
よく、こんなオファー受けたよなぁ(゜ー゜;)


弁護士「彼女の生活は平和です。一方、俳優である夫は性格が破綻しています。彼の出演する映画は、責任ある親にとって子供たちに見せたくありません。暴力の嵐です」

「トラックに潰される」「絞め殺される「頭を叩き割られる」ひとつひとつ暴力シーンを挙げていく弁護士。


JCVD「金を稼ぎ、家族を養ってる!」

娘の親権を元妻と係争中のJCVDだが、アクションスターであるがゆえに「暴力シーン」とは切っても切れない縁。
しかし、それが子供の教育上よくない!と言われてしまう。
とどめは、当の本人、娘のグローリアのこの一言。


裁判官「グローリア?ママと暮らしたい?それともパパと?」

グローリア「パパとは暮らしたくない」

裁判官「どうして?」

グローリア「パパがテレビに出るたび、学校で笑われるの」


うなだれるJCVD。



あぁ、これはキツイよねぇ(-p-)
でも、どうして学校のお友達は笑うの?
そっちの方が理解できないよ。

そういえば、JCVD、プリンセス・天功の結婚相手として名前が挙がっていたことがあったよね。
どうやら、誤報記事だったようだけど、いったいぜんたい、どうしてあんな話が出てきたんだろ?
接点がなかったような気もするんだけど。


疲れ果てたJCVDは、故郷ベルギー・ブリュッセルへ。
ところが、空港から実家に向う途中のタクシーの中、顧問弁護士から「今日中に弁護料を支払わなければ、顧問弁護士を降りる」という電話が入る。

タクシーの運転手は女性で、何かとJCVDと話したがるのだが、JCVDは素っ気無く・・・。
それが気に入らない運転手は、JCVDにつっかかる。

弁護士にお金を振り込もうと、タクシーを待たせ郵便局へ向うのだが、ビデオ屋に捕まり一緒に写真撮影。
そして「5分で戻る!」と郵便局に入っていったJCVD。

しかし数分後、郵便局から銃の発砲があり、タクシーに命中!
パトロール中の警察官が郵便局に近づくと、窓からJCVDの姿が!?


JCVD「そこをどけ!どくんだ!!」

警察官は、無線で本署に応援要請。

警察官「JCVDが郵便局を襲撃中!」


Σ(-`Д´-ノ;)ノいったい何が起こったんだ!?


事実は、こうである。

郵便局で映画の出演料の入金を確かめ、それをそのまま弁護士に支払うつもりだったJCVD。
しかし、郵便局員は「金が無い」といったり「機械が故障した」と言ってみたりで、一向に埒が明かない。
キレるJCVDだったが、そんなJCVDに近づき、羽交い絞めにする1人の男。

なんと、JCVDは強盗真っ最中の郵便局に入ってしまったのである。

そして、犯人3人の内1人が外に向けて発砲。
それが、JCVDが乗ってきたタクシーに命中したのである。

「手を貸せ!」と言われたJCVDは、郵便局に近寄ろうとしている警察官に「そこをどけ!」と叫んだ。

本署から応援が到着。
郵便局をはす向いに見据えるビデオ屋に対策本部を置いた。

あたりはもう既に「JCVDが郵便局強盗犯」というニュースが流れており、心象が悪かったタクシーの運転手の証言もあって、「JCVD犯人説」が濃厚になっていく。

しかも、JCVDファンまでもが周りを取り囲み、とんでもない状態に。



(^0^;)あはは。
間が悪い・・・、悪すぎる。
不幸のどん底。
雪だるま方式に膨れ上がっていくもんなんですねぇ。


3人の犯人の内の1人がアクション映画が好きらしく、その話をしていた。

JCVD「『ハードターゲット』で空砲にあたり、意識を失ったんだ」

犯人「ジョン・ウー!恩知らずだ。だって、そうだろ。ジョン・ウーを有名にしたんだ。成功したら、あんたを捨てた」

JCVD「『フェイス/オフ』は傑作だ」

犯人「あんたを主演にしたか?」

JCVD「いや・・・」

犯人「でも罰が当たった。『ウインドトーカーズ』はクソだ。新作の予定は?」

JCVD「今は無い」

犯人「え?ネットで見たぞ。えっと・・・紫の・・・」

JCVD「『紫の魔よけ』・・・セガールに奪われた」

犯人「え!?アンタのほうが100倍いい」

JCVD「でも彼は、ポニーテイルを切った」



そういえば、「エクスペンダブルズ」が10月16日に日本公開になりますが、こちらには出演してないみたいですね。
もったいない話ではあるんですが、やっぱり・・・スタローンやシャワルツネッガーとのバッティングってよくないのかな?

なにげに、JCVDの最大の敵はドルフ・ラングレンというイメージを持っていたもんで、ドルフ・ラングレンが出るならJCVDも出るだろう的考えだったんですけど。


JCVD「人質を解放しろ」

JCVDは、アクション映画ファンの犯人の1人を説得した。
男は、表シャッターを開けたことで、人質を全員逃がしてしまう。
これがきっかけとなり、仲間割れが始まり、ボス格の男の額に銃弾が。

これを合図に、警察が強行突入してくる。

もみあっているうちに、映画ファンの犯人も死亡。

残る犯人に羽交い絞めにされ、銃を突きつけられ、郵便局の外に出てきたJCVD。


一瞬の隙を突いて、JCVDが犯人を倒し、警官たちとハイタッチを決める。


ハズだった!!


たしかに、犯人を倒したのはJCVD。
しかし、逮捕されたのもJCVDだった!!


警視「どうして、彼を逮捕する!?」

突入班「弁護士に支払った費用の恐喝!」



(o_ _)ノシ☆あはは!!
なんだよ、あの逮捕の仕方!
どう見たって、凶行犯扱いじゃないか!!

あぁ・・・(ノ∀`)

JCVDが「犯人を倒して、警察官とハイタッチ」の妄想の部分が、妙に哀しい(ノ∀`)

でも、ラスト5分くらいがすごくホッと暖かくなるような話なの。

しかも、エンディングロール中のBGM「Modern Love」がいい!!
あれ、だれが歌ってるんだろ・・・?


黙して語らず。

公判中、JCVDは一言も喋らず、3年の刑が確定した。

1年の懲役刑、2年間の保護観察処分。

JCVDは、刑務所の中で空手のインストラクターをやっていた。

刑務官「JCVD、面会だ」

ガラス板の向こうには、JCVDの母親。
そして、入れ替わりにやってきたのは、元妻に親権を奪われた娘・グローリアだった。






関連記事
スポンサーサイト

このコメントは管理者の承認待ちです

12

07

14:20

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/2675-d24fe62b

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。