--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/2890-9595e402

06

08

コメント:

チーズスイートホーム あたらしいおうち home made100



チーズスイートホーム あたらしいおうち home made movie8 「チー、おうちに帰る。」 [DVD]チーズスイートホーム あたらしいおうち home made movie8 「チー、おうちに帰る。」 [DVD]
(2010/02/24)
こおろぎさとみ

商品詳細を見る


home made100「チー、再会する。」

【あらすじ】

雨がやんで、晴れ間も見えた空。
しかし、チーは倒れたまま動けずにいた。
そこへ一匹の猫がやってくる。
それはクロいのだった。
会いたくてたまらなかったクロいのとの偶然の再会に、チーは歓喜し元気を取りもどす。
・・・GYAO「内容・詳細」より

--関連リンク--

【チーズスイートホーム】テレビ東京内アニメ公式HP
【チーズスイートホーム】講談社モーニング内公式HP



雨も上がり、陽も差してきたのに、チーは起き上がれないでいた。

その、チーの頭をすっと・・・舐めた猫がいた。

チー「んん・・・?」

疲れた体で、かろうじて頭だけを上げ、その猫を見た。


ヒグマ猫「んも・・・」

チー「クロいの・・・」

ヒグマ猫「こんなとこで何してんだ?」

チー「クロいのらー!!」


チーは起き上がり、ヒグマ猫に飛びついてしがみつく。


チー「ひっく・・・チー・・・あいたかったんらよ・・・」

ヒグマ猫「・・・ふふっ・・・」


一瞬ビックリした表情を見せたヒグマ猫だったが、その表情はすぐに柔らかい笑顔に変わった。



(。p_・。) 見てるこっちも嬉しい・・・。
だって、なんだかんだで、いつもチーのピンチにそばにいてくれる。
ヒグマ猫って、そんな奴なんだよ~!!
カッコイイんだよ~!!
うぅっ・・・ヾ(≧д≦)ノ゛


ヒグマ猫「そうか、車で運ばれちまったのか・・・」

チー「こわかったぁ・・・」

ヒグマ猫「うまく使えば、便利なんだけどなぁ・・・」



そんなことできるの、アンタだけだってば!!ヾ(`Д´*) 


チー「そうなの?」

ヒグマ猫「どうだ?あれから元気にしてたか?」

チー「チーね「しゅーかい」いったんらよ!タマさんも、フジさんもいるんらよ!おとなりワン、すごいんらよ!」


チーは、ヒグマ猫と別れてからの話しを全て聞かせようとする。


ヒグマ猫「まぁ、元気ってことだな。それならいい」

チー「クロいのは?」

ヒグマ猫「俺か?ちょっと、ナワバリを広げようと思ってな。あちこち歩いてたら、お前を見つけた!ってワケだ」

チー「・・・チーもあっちこっちいったけど、おウチかえれないんらよぉ・・・」

ヒグマ猫「ん?そうか・・・」



この、ヒグマ猫の言う「ナワバリを広げる」ですけど・・・
やっぱり、オスの習性ですよねぇ(゜ー゜;)

わかってんだけど、「チーに会うために・・・」であって欲しいな・・・とか思っちゃうわけですよ。


その時、グゥゥゥとチーのお腹が大きな音を立てた。

チー「あれ?」

ヒグマ猫「あはは!まずは、腹ごしらえだな」


そして、ヒグマ猫はどこからかフライドチキンを調達してきて、チーに食べさせた。



(*^p^*)また盗んできたんだ。


チー「はぁっ!ポンポンらー」

お腹いっぱいになったチーは、ヒグマ猫に寄りかかり甘える。


ヒグマ猫「ここまで、よく頑張ったな・・・」

ヒグマ猫もチーをあやしてやる。



この、チーがヒグマ猫に甘えるシーンが、めちゃめちゃ可愛い!!
(ノω`*)ノ"もう、デレる!!

【第99話】 【チー新 第100】 【第101話】



関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/2890-9595e402

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。