--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/3199-cc633187

03

29

コメント:

ペテン師一山400円 嬉野君/ill.夏目イサク



ペテン師一山400円 (ウィングス文庫)ペテン師一山400円 (ウィングス文庫)
(2009/04/30)
嬉野 君

商品詳細を見る



【あらすじ】

お父さん、お母さん
僕は中学二年の夏休みに、親戚のお兄さんと詐欺をはたらくことになりました。
目標金額は二千万です。


曾祖母・フサの危篤の知らせを受け、雲出(くもず)家を訪れた純太。
初めて会う親族たちは、30億とも言われる遺産のことで気もそぞろだった。
だが遺言の内容は「一月以内に『雲出流のやり方で』目標金額を稼げた者に財産を分配する」というもの。
雲出流=詐欺で。
雲出家は詐欺師の一族だったのだ!
所持金400円のの純太は、所持金ゼロの親戚のお兄さん・研士とパートナーを組み、目標額2000万円の詐欺ゲームに参加することになるが・・・?
人生を変える夏休みが始まる!!
・・・巻末より抜粋。

【収録作品】

「ペテン師一山400円」
「ペテン師発達心理学」

【関連リンク】

出版社: 【WINGS】新書館ウィングス公式HP
小説家: 【ウレシノキミブログ】嬉野君先生ブログ
イラスト: 【CHEKE-RARA】夏目イサク先生HP



キャラ度:★★★★
ストーリー:★★★★

ライトノベル。

主人公が中学二年生ですからね~(^0^;)
「詐欺で稼げ!」って、そりゃヤバイだろ!?
って思ったんですが、基本『クロサギ』っぽいことしかやってないので、まぁ少しは安心した・・・
や、でも詐欺は詐欺 (・∀・;) ノシ


中学二年生の山田純太は、曾祖母・フサの危篤を報せる手紙を受け取った。
しかし母親はいい顔をせず、「手紙は見なかったことにしましょうか」と言い出す始末。
実は、純太が生まれたときには既に他界していた祖母・みつは実家を勘当された身で、以来、実家の雲出家との連絡は途絶えたままだったのだ。
父親の「無視するわけにはいかないだろう」という言葉と、「一人旅をしてみたい」という純太の好奇心で、純太が名代として三重県の田舎の雲出家に向うこととなった。

ところが、現地についてみると財布が無い。
どこかで無くしたのか盗まれたのか、ポケットの中にあったジュースのつり銭400円のみだった。

辿り着いた大きな日本家屋の中では、既に血縁者たちが集まっていて、純太に冷たい視線を投げて寄こす。
「ほら、勘当された・・・」「遺産をもらえると思っているのか」囁かれる祖母・みつの名前。

庭先の木陰にいた二十代半ばと見られる王子様然とした男性と目が合った純太。
お互い目をそらさないまま見つめあい、純太は手招きされた。
その男は、フサの三男・静生の息子で雲出研士(24歳)と名乗った。


研士「僕ね、猫釣り得意なんですよ」

純太「猫釣り?」

研士「散歩してて猫と目が合うことがあるでしょ?そうしたら目をそらさずに、ゆっくりゆっくり手を伸ばすんです。こちらに敵意が無いことがわかってもらえれば、猫は近寄ってきて、指先の匂いを嗅ぐんです。すると僕の勝ちです」


研士はポケットからキャンディを取り出し純太に手渡した。



それって・・・
純太が猫と一緒ってことなんじゃぁ・・・(゜ー゜;)

実は純太、結構警戒心があるというか、特別な能力があるので他人にあまり懐かない性格をしているんです。
その能力とは!
「嘘を見抜ける」能力。
なんでも、嘘をついている人の目が赤く光って見えるらしいんです。
それが役に立つ時がやってきた!!


にわかに座敷が騒がしくなり振り向くと、「フサさんが目を覚ました!」という。

フサ「最後だから言っておくが、わしの七人の子は全員父親が違う。ここにいる人間の共通点は、わしの血を引いておるということだけじゃ」

その言葉は、そこにいた全員を驚愕させた。
フサの夫は種無しだった。
だから、色んな男をひっかけ子供を七人産んだ。

つまりは、誰が長男だろうが次男だろうがに関係なく、その場にいた全員に30億もの遺産を継ぐ権利があるということだ。


フサ「遺産はゲームの勝者に分配する。ゲームの詳細は弁護士から聞け。わしは疲れたからもう寝る!」

「疲れたから、もう寝る!」この言葉が曾祖母・フサの最後の言葉だった---。



(*^p^*)いいよね、「疲れたから寝る」。
あのさ、老衰で亡くなる人の死に方ってそうなんだよね。
「疲れたから寝る」で寝たまま亡くなる。
寝たまま何日も寝続けて、このまま死んでしまうんじゃないかと思ったら、ある日スコッ!と起きる。
という状態が続くんですよね。
んで、季節なんかも結構関係があって、冬にこういう状態に陥りやすいらしいんですよ。
もうねぇ、ビックリしちゃうんだよ。
元彼のひぃおばあちゃんが100歳越えてなくなったときがそうだったのね。
5年近くこういう状態で、周囲はビクビクだったそうな。
まぁ、でも老衰で亡くなるって、死に方としては幸せな死に方ですよね。
家族に見守られ、眠るようにゆっくりとね。
羨ましいです。


弁護士の話に寄ると、ゲームの詳細はこうである。

現在の所持金X千X年齢の十の位=目標金額。

この目標金額を『雲出流で稼げ!』というもの。

純太の所持金400円X千X1(現在14歳)=40万円。

純太は夏休みいっぱいまでバイトをしても、その金額には届かないことを瞬時に察した。
しかし、上にはまだ上がいた。


研士「僕、現金は持ち歩かない主義なんです」

その言葉どおり、現金は一切持たず、カードだけが財布に入っていた。


研士「純太君、今欲しいものある?」

純太「う~ん、自分専用のノートPCかな?」

研士「じゃぁ僕、純太君と組んで稼ぎます」


二人の平均年齢19歳、平均所持金200円、ペナルティとして千倍の百倍を目標金額とする。

200円X10万X1=2千万円

突然跳ね上がった金額に驚いた純太だが、気がかりなことが一つあった。
それは、『雲出流のやり方で稼ぐ』という意味だった。


研士「僕の職業わかりますか?」

純太「結婚詐欺師」


あまりに整いすぎたルックスと笑顔が胡散臭すぎて、思いついた言葉を言ってみた純太。


研士「さすが雲出の血を引く中学生。あたりです」

正確には、結婚詐欺師ではなく詐欺師なのだが、その師匠が曾祖母のフサで、雲出一族は詐欺を生業としている一族であることを聞かされた。


純太「それじゃ、弁護士が言っていた『雲出流のやり方で稼げ』って言うのは」

研士「その通り。詐欺で目標金額を稼げ!ということです」


お父さん、お母さん
僕は中学二年の夏休みに、親戚のお兄さんと詐欺をはたらくことになりました。
目標金額は二千万です。



(o_ _)ノシ☆あはは!!
いいなぁ、純太のつぶやき!!
でもまだここは所持金も平均年齢も低かったからまだいいんだわ。

対抗馬・雲出捨身(40歳)手持ち総額12万、目標総額4億8千万。

この「捨身」という名前が面白い(*^^*)
フサさんの七番目の子供なんだが、「50歳の時に捨て身で産んだから『捨身』」って!!
もう脱力した・・・(ノ∀`)
笑っちゃ悪いんだけど、笑うちゃう。
「あまり」とか命名されて切なくて言葉が出ないことは多々あるが、「捨身」て!!
「捨身さん」おっかない感じのするおじさんですが、実はいい人なんです♪
でも研士とはめちゃくちゃ仲が悪い!
その理由がずっとあとに判明するんですが、これもまた大爆笑ですよ(*^^*)
今回はそこまでネタバレしません。
本を買って読んでください。

それにしても、400円で偽ロレックスを手に入れ、それを10万の現金にする当たり。
ここは面白かったなぁ(*^p^*)

詐欺師は、人を見る目がないとやってけないですね(^0^;)

天使様に扮した純太が可愛かったが、あまりにも笑えた「教祖様脅迫がダメになった」シーン!

純太、馬鹿正直!!

でも、最終的には曾祖母フサの手駒として、詐欺で預金算高一億超え!!
中学生にして、生涯賃金稼ぐ純太って・・・(゜ー゜;)

主人公の年齢が中学生と、設定が低めですけど色々出てくるさぎの手口が面白いのでオススメです。



関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/3199-cc633187

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。