--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/3222-e0d235e2

03

27

コメント:

世界は時々美しい。



3月12日、九州新幹線が全線開通した。
3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に配慮し、2日間に渡って行われるはずだった芸能人・著名人を迎えてのイベントが全て中止になった。

ウチにTVがないので知らなかったが、上記のCMが流れていたらしい。

作られたのは2月。
その頃見てもきっと「すごいなぁ」という印象しかなかったかも知れない。
でも、今現在、この3分にも渡るCMを見始めたところから泣きっぱなしだ。

なんて、いいCMなんだろう。



メロパー内で、「残りのお米が1か月分位しかないのに、買えない!」と不安を毎日ぶつけてきた彼女の一方的な気持ちだけを綴った書き込みは10日以上続いた。

もしかしたら、支援を求める声だったのかもしれない。

でもね、1ヶ月分のお米がある彼女に支援するくらいなら、お米が無い・メインバンクがみずほでお金が払いだせない・一日に煎餅2枚で一週間食いつないだ別の女性を支援したかった。

あいにく、運送業界が完全にストップしてたので、送るどころか受付さえしてもらえない状況だったが。

不安を感じる度合いは人それぞれだから。

我慢しようと思った。
でも、会話にすらなっていない一方的な書きなぐりに、こっちの精神状態が限界だった。

「福岡でもお米は手に入らないのよ。でも、それでも被災地の人たちとは比べ物にならないくらい遥かに楽な生活してる。だから、私もまだ頑張れると思うんだ」

彼女にそう返信した翌日、「まだまだ余震があるけど、被災された方に比べれば幸せです」と返ってきた。

地震後、彼女が被災者のことを口にするまで、12日間を要した。
少し安心した。
だが、13日目には「まだ生きてるよ」になっていた。

福島のSさんとは、いまだ連絡が取れず。

原発にお勤めのUさんは一度だけメロパーにIN。
みんなに無事を知らせに戻ったようで、今、彼女は仕事で踏ん張りどころなんだろう。
福島の原発の一部廃炉が決定しそうだし、自分のところも停止状態のようだし。
なにしろ、莫大な電力消費量を誇る東京都を中心とする関東圏への送電を安定させるために、東京の2倍以上の放射能量の中、仕事しているのだから。

「無事が確認できてるのに、バイトの子が出てこない・・・」

Uさんの書き込みはそこで止まったままだ。


目下の心配は、関東圏のメロダチさんたちの放射能汚染を気にする書き込み。

「自分はこれから結婚して子供を生む気でいるので怖い」

読むと、あぁ・・・とため息が漏れてしまう。
そうだよね、怖くて当然だよ。

大学時代、長崎出身の被爆2世の男友達がいたが、高校のとき兄が急性白血病で他界、大学在学中に被爆1世だった母親が他界。
立て続けだったので、彼は「今度は自分の番だ」と、日々怯えていた。

苦しむ様子を近くで見ていながら、どうもしてやれない苦悩。
自分たちにできるのは、せいぜい、毎日バカやって笑わせる位のことだったろうか・・・。

ただ、あまりに放射能に関する話題が続くようならば、どこかでストップさせないと・・・と思っている。
Uさんが目にしたら、自分を責めてしまうかも知れない・・・。
だから、早めにあの会話を止めないと。

Uさんが原発で仕事をしていることを皆は知らない。
私も、本人の口から直接聞いたワケではない。
知ったのは、半年くらい前。
Uさんが職場のPCからウチのブログにアクセスしてコメを残していくから、アクセス解析で偶然「jaea」のドメインを見て、「あ、そうだったんだ」と。

だから、「原発で働いている人がいるから」とも言えない。
どうやって、話の方向を変えようか思案中。


現在、九州には6基の原子炉があるが、そのうち2基が検査停止中。
そして来月にも1基が検査停止する。

しかし、福島の原発の事故を受けて、にわかに「稼動反対」の声があがりつつあるらしい。
もし、この声が高まれば、「早くとも5月には計画停電を行わねばならない状況」と九州電力は言っている。

元々、あまり電気を使用して無い自分としては、どの程度の節電ができるのかわからないが、自分の地域に発電所を持たず、リスクを他県に背負わせている身としてきちんと受け止めるべきだと思っている。


自宅前の公園は、例年ならもう花見客で夜は宴会場と化してるハズだ。
でも、今年はまだ蕾は固く閉じられたまま。

その桜の木の下を歩くセーラー服の女子高生。

「お小遣い募金しちゃったから、マック行けないや」

「私は、決まったお小遣いもらってないから、献血に行って来るよ」

とかく、この世はままならぬ。

それでもやっぱり、世界は時々美しい。



関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/3222-e0d235e2

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。