--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みずほ

こんばんは♪

たまたま6月のショコラ文庫の新刊で、伊郷さん初読みだったんですが、同じように、

年下攻
シャツで両手首拘束
脅し
ちょっぴり変態チックプレイ

・・・がありました。それから、私も「ヤマが低い」と感じました。
(ぶっちゃけ、あまり盛り上がりがなかったわけですが)
伊郷さんは、だいたい、そういう感じの作品が多いんでしょうか?

06

29

23:38

魔人ぷぅ

こんばんわです e-454

> ・・・がありました。それから、私も「ヤマが低い」と感じました。
> (ぶっちゃけ、あまり盛り上がりがなかったわけですが)
> 伊郷さんは、だいたい、そういう感じの作品が多いんでしょうか?

過去に読んだ作品の感想をズラーっと見てみたら・・・
概ね「ヤマが低い」ような感想を書いてました e-456

今回も3冊ほど立て続けに読んだけど、職業設定が違うだけでどれも同じく「ヤマが低く、読むのに飽きが来る」感じがあったんですよ e-351

でも、人気の作家さんだし?
BL界では大御所!と言ってもいい感じでしょ?

自分に合わないだけかな?と思ってました e-441

自分がSM・陵辱モノ好きだからかな?とか・・・
たくさん読みすぎて飽食して、刺激欲しがってるのかも?とかまで考えちゃいましたよ e-268

でも、もしかしたら「激しすぎない、奇抜すぎない」これが伊郷ルウ先生の色なのかもですね。


06

30

17:54

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/3401-699ed4e2

06

29

コメント:

夢に繋がれて 伊郷ルウ/ill.あじみね朔生

夢に繋がれて (講談社X文庫 ホワイトハート)夢に繋がれて (講談社X文庫 ホワイトハート)
(2006/03/02)
伊郷 ルウ

商品詳細を見る



【あらすじ】

現在三十五歳の路也は、自分の性癖を相手に打ち明けられず、長い間特定の恋人を作らなかった。
彼が出張先で一度だけ関係をもった見知らぬ青年---。
路也は自分の望みを叶えてくれたその青年のことを忘れられずにいた。
そんなある日、会社の企画会議に現れた若い新人デザイナーを見て、動揺する路也。
自分を覚えていない様子に安堵する路也だが!?
・・・巻末より抜粋。

【収録作品】

「夢に繋がれて」
「もっと深く繋がれて」
※シリーズです。

【関連リンク】

出版社: 【講談社ホワイトハート】公式HP
小説家: 【Alkaloid Club】伊郷ルウ先生HP
イラスト: 【あじみね朔生】HP無し



エロ度:★★★
キャラ度:★★★
ストーリー:★★★

攻:広瀬誠一(24~5)
デザイン会社勤務のデザイナー。
基本的にノンケ。
男は路也が初めて。

受:真田路也(35歳)
菓子メーカー勤務のマーケティング・マネージャー。
ちょっと特殊な性癖有り。

出張で北海道を訪れた際に一度だけ関係を持った路也と誠一。
「男は初めて」と言いながら戸惑いつつも特殊な性癖を持つ路也を満足させた。
その一夜が忘れられず、何度も夢に見る路也の前に仕事の相手として現れた誠一。
どうやら覚えていないようだと安堵するも、「一年半前にお会いしてますよね?」といわれた挙句、「バラされたくなかったら」と関係を迫ってくる誠一に引きずられつつも気がつくと恋心が芽生えていて・・・。

と云うストーリー。

拘束・乳首責め・年下攻・歳の差。

同時収録「もっと繋がれて」は、路也が出張先の福岡でかつて体の関係があった上司と再会し、襲われる!
一方、路也とのノーマルプレイをあれこれ画策する誠一のテレホンセックス。

エロ度キャラ度共にそこそこかな?といった感じ。
いやぁ、「特殊な性癖」にかなりの期待をしたんですがね(^0^;)

少し子供っぽいところがある誠一とクールな路也との仕事がらみのやりとりが面白く、路也が誠一を育成しているかのような展開も見ものです♪


誠一「あんた、こうされるのが好きなんだよな」

裸で横たわる路也をまたいだ誠一は、脱いだばかりのTシャツで路也の両腕を縛り、ベッドのパイプにくくりつけた。
路也の胸がのけぞった。
路也は逃げられない恐怖とともに、久々に手荒に扱われることに興奮もしていた。


誠一「ホント綺麗な体してるよ。女よりよっぽど綺麗だ」

路也「は・・・ふ・・・っん!」

誠一「あれから色んな男とやってみたけど、あんたほど俺をワクワクさせるヤツは一人もいなかった。今の俺はてほどきもいらない位上手くなってる。たっぷり楽しませてやるよ」



(*´∀`) 少しうぬぼれ屋さんのところもありますかね?誠一。
若さゆえ~かもですが、こういう奴見ると鼻っ柱を折ってやりたくなるんですがね?


事の発端は約一年半前に遡る。
札幌に出張に行った路也が、たまたま入ったバーでバイトをしていた誠一と知り合い、意気投合。
どうせ一夜限りなのだからと誠一をホテルに呼び、関係を持った。
その頃、まだ誠一は完全にノンケだった。
しかも、「手首を拘束して欲しい」「乳首をきつく噛んで欲しい」という路也の要求に、戸惑いつつも応えた誠一。
それは、路也にとって最も忘れられないSEXと相手となった。
以来、路也は何度もその夜のことを夢に見た。

ところがある日、新商品の20代女性をターゲットとしたチョコレートのパッケージデザインの企画会議にデザイン会社の新人デザイナーとしてやってきた誠一と再会した。

誠一に「札幌で会ったことがありますよね?」と訊ねられて知らない振りをした路也だったが、話はもっと深いところまで進んでしまい、「バラされたくなければ」と誠一に体の関係を要求される。



多分、誠一は路也を手に入れようと必死だったんだろうけど、「脅す」という行為に出た時点で私はNGだなぁ(゜ー゜;)
そんな奴、絶対に好きになれない(゜ー゜;)
土下座された方がまだマシ!ヽ(・∀・)ノ
っていうか、そこまでやられて断れなくなり、仕方なくつきあうパターンが多すぎる私です。
そして、1ヶ月もてばいい方?(゜ー゜;)
まぁ、そこんとこは色々とあんのよ。


でも何が不思議って、路也がこれで誠一を嫌ったりしてないところが不思議でしょうがない。
嫌うどころか、単純に「自分の要求に応えてくれる相手を手に入れた」と思ってしまってるところ。

「手を拘束」「乳首を噛む」って、そんなに変な性癖ですかね?
知人にスカトロマニアの女性とかいるんで、比べると「普通じゃない?」って思ってしまうんですが(^0^;)
そういえば、メロパーで知り合った人の中には奴隷妻ってのもいるな(゜ー゜;)
自宅では裸で首輪つきってヤツね。
彼女曰く、「私冷え性だから、冬場がちょっとね~」って言ってた(*^p^*)
実際問題、大変だよね(゜ー゜;)
寝室の中だけにしとけばいいのに。


件の新製品のパッケージデザインのプレゼンの日。
誠一は、新商品の謳い文句「高級感と大人の味」に見合うゴージャスなパッケージデザインを発表した。
周囲からは、ため息がもれるが、路也は厳しい意見を出す。


路也「確かに見た目はゴージャスで女性の目を引くが、上品さが足りない」

その後、誠一に「夜八時に来い」といわれた路也が誠一の自宅を訪れると突然、掴みかかられた。


誠一「あんた、公私混同もいいところだ!」

路也は「優雅な上品さに欠ける」と言ったのだが、誠一は「脅してきた相手だから、仕返しのつもりでダメだしをしたのだろう」と路也に食って掛かったのである。


路也「仕事に私情は挟みません。あの作品に足りないのは上品さだけです。デザインを練り直してください。君になら出来るはずです」

落ち着いた声で路也が言うと、誠一の顔が柔らかい笑顔になった。


誠一「俺は、あんたに認められたい。他の誰でもなくあんたにだ。だから、今度のプレゼンは絶対に最高だと言わせてみせる」


がんばれ!( ゜∀゜)o 彡
この直後、路也を放置プレイ!!(^0^;)
やる気になった途端に、頭がパッケージデザイン一色なんだよ。
誠一、若いなぁ(^0^;)
誠一の家に辿り着くまで、路也は「いっそのこと気持ちを打ち明けて、恋人になってしまおうか?」とか色々と考えてたワケですよ。
なんだかなぁ(^0^;)
でも、そんなところも路也にとってはポイントが高かったようで、後に練り直した「パッケージデザインが出来た!」というメールを誠一からもらってめちゃくちゃ嬉しそうにしてるあたりが、もう既に育成中のフラグたってそうな。


路也「それで、ご褒美に何が欲しいんですか?」

練り直したデザインが満場一致でプレゼンを通過したため、誠一におねだりされた路也。


誠一「俺、あんたの心が欲しい。身体だけじゃなくて、心も欲しいんだ。俺に呼び出されて仕方なく来るんじゃなくて、俺と会うのを楽しみにして欲しいんだよ」

路也「楽しみにしてますよ」

誠一「えっ?」

路也「嫌々、訪ねてなどいません」

誠一「なら、どうして言わないんだ!?」

路也「保身のために抱かれているのに、気付いたら君に惹かれていた。そんなことはすぐに認められないし、いえるわけがありません」

誠一「まったく素直じゃないな。俺のことが好きなんだな?」

路也「えぇ、そうみたいです」



大人は色々と考えることがあるんだよヾ(`Д´*) 
若い奴はこれだからイケナイ。
若さゆえにつっ走って、それに引きずり回されて、


あぁぁぁぁ~(´Д`ヽ)(/ Д`)/  

私の20年を返せ~!!

あぁぁぁぁ~(´Д`ヽ)(/ Д`)/  

同時収録「もっと繋がれて」では、拘束プレイに戸惑いのある誠一の一世一代のカケ!

これは、ちょっと笑ったなぁ(*^p^*)

相手の望みは叶えてやりたい。
気持ちいいセックスがしたい。

となれば、当然、誠一は普通のプレイがしたくなって当然なワケですよ。
そんなんであれこれ考え悶々としてるところが可愛い。

あれですよね。
伊郷ルウ先生の作品って、割と淡白というか・・・
ヤマが低い感じがするんだよね。
どちらかというと、「萌え追求派」かな?って。

関連記事
スポンサーサイト

みずほ

こんばんは♪

たまたま6月のショコラ文庫の新刊で、伊郷さん初読みだったんですが、同じように、

年下攻
シャツで両手首拘束
脅し
ちょっぴり変態チックプレイ

・・・がありました。それから、私も「ヤマが低い」と感じました。
(ぶっちゃけ、あまり盛り上がりがなかったわけですが)
伊郷さんは、だいたい、そういう感じの作品が多いんでしょうか?

06

29

23:38

魔人ぷぅ

こんばんわです e-454

> ・・・がありました。それから、私も「ヤマが低い」と感じました。
> (ぶっちゃけ、あまり盛り上がりがなかったわけですが)
> 伊郷さんは、だいたい、そういう感じの作品が多いんでしょうか?

過去に読んだ作品の感想をズラーっと見てみたら・・・
概ね「ヤマが低い」ような感想を書いてました e-456

今回も3冊ほど立て続けに読んだけど、職業設定が違うだけでどれも同じく「ヤマが低く、読むのに飽きが来る」感じがあったんですよ e-351

でも、人気の作家さんだし?
BL界では大御所!と言ってもいい感じでしょ?

自分に合わないだけかな?と思ってました e-441

自分がSM・陵辱モノ好きだからかな?とか・・・
たくさん読みすぎて飽食して、刺激欲しがってるのかも?とかまで考えちゃいましたよ e-268

でも、もしかしたら「激しすぎない、奇抜すぎない」これが伊郷ルウ先生の色なのかもですね。


06

30

17:54

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/3401-699ed4e2

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。