--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/3474-305e4018

08

17

コメント:

魍魎の匣

魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]魍魎の匣 スタンダード・エディション [DVD]
(2008/06/25)
谷村美月、柄本明 他

商品詳細を見る



【あらすじ】

昭和27年、東京。
美少女連続殺人事件が世間を騒がせていた。
引退した元女優・陽子の娘も姿を消し、探偵・榎木津はその行方を追っていた。
一方、作家・関口と記者の敦子は、不幸をハコに封じ込める教団の謎に迫る。
さらに、巨大なハコ型建物の謎を追う刑事・木場も登場。
そして事件に関わる彼らが皆、古書店「京極堂」店主・中禅寺の元へ集まってくる。
3つの事件に関わるハコに隠された恐るべき謎を、果たして京極堂は解き明かせるのか!?
・・・公式資料より。



敗戦間近。
部隊が全滅し、逃げ惑う榎木津は途中「私も連れて行ってください」という男を支え洞窟に逃げ込んだ。
このとき、一緒に逃げた男が久保竣公である。
洞窟内で会話をしていると、突如焼夷弾が打ち上げられ榎木津は眼を負傷してしまう。
負傷して見えなくなった眼だが、突然、別のものが見え始めた。
目の前の久保の後ろに、匣に入った少女が見えるという。



というオープニングでした。

途中の回想シーンでカニバリズムいっちゃって、ちょっと気味悪かったなぁ。
あれは、ちょっと見たくなかったな。

おまけに、前作及びアニメに比べて、かなりのコメディタッチで作られてるので違和感ありまくりなんですわ。

そこまでする必要あんの?って感じなんだけど。

しかも、久保のキャラも違いすぎるというか・・・
関口君のキャラも違いすぎて、なんか微妙に面白くなかった。

榎木津が久保を知っていたことで、いち早く犯人に辿り着くんだけど、そのあたりもなんか展開的にズレを感じるんだよね。

美馬坂研究所での加菜子のシーンなんて、どこのアニメのパクリですか?って感じだったし。
久保の最期も、これどっかで見たなぁ・・・という感じで、全く納得いかなかった。

かな~り残念な作品。


関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/3474-305e4018

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。