--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/3607-251ead72

11

15

コメント:

NEXT -ネクスト- (2007年 / アメリカ)

NEXT [DVD]NEXT [DVD]
(2008/10/03)
ニコラス・ケイジ、ジュリアン・ムーア 他

商品詳細を見る



核爆弾テロからアメリカを救えるか? 
2分先の未来が見える男を描く、SFアクション。
「マイノリティ・リポート」「ブレードランナー」の原作者フィリップ・K・ディックの短編を映画化。
ニコラス・ケイジが主人公を、ジュリアン・ムーア(「エデンより彼方に」)がFBI捜査官を、ヒロインをジェシカ・ビール(「ステルス」)が演じています。

【あらすじ】

ラスベガスで二流のマジシャンとして目立たないように暮らしている男クリス。
彼には2分先の未来が見える予知能力があった。
ある日、ロサンゼルスでのテロ計画を知ったFBI捜査官カリーが、クリスの力を借りて事件を阻止しようと彼に近づく。
ところがクリスは普通の生活を送りたいと、協力を断り……。

・・・GYAO放映時「内容・詳細」より






この作品、私的にはあのエンディングがあってこその作品だと思ってるんだけど、あのエンディングが賛否両論の種みたいなんだよね~。

どうして?(^0^;)

それと、いまひとつ昇華し切れていない箇所があると思うんだけど。
テロ組織の誰かが、先見できるんじゃない?
そこどうなんよ?

クリス・ジョンソンには2分先の未来を予測できる能力があった。
現在は、その能力を安っぽいマジックに見立て、ラスベガスのショーに出演し、食べるに困らない程度の稼ぎはある。
安いギャラだが、そのギャラを元にカジノへ行き、能力で派手に儲けない程度に稼ぐ。
しかしある日、カジノの経営者に追われるハメになった直後、FBI捜査官が自分に会いに来るという予測までしてしまう。
その場から逃げ出すクリスだったが、結局捜査官と対面することになり、米国に密かに持ち込まれた核爆弾の行方の予測を依頼される。
しかし、「普通に生活したい」と断るクリス。

クリスには、トラウマがあった。
クリスに予見の能力があることを知った政府機関に、実験を繰り返された。
だから、「普通の生活がしたい」のだという。

通常、2分先のことを予測できる能力のハズなのだが例外が一つあった。

未来の予測に出てくる女性(名前忘れた)とのことだけが、2分以上先の出来事まで見えているようなのだ。

そして、その彼女とダイナーで出会い、行動を共にしモーテルで一夜を過ごすが、そのとき既にFBIは彼らを取り囲んでいた。

しかし、彼らを狙っていたのはFBIだけではなかった。



ここまでにしときましょ。
だって、ココから先が問題なんだよね~

拉致された彼女を救出するためにFBIと手を組む。
アジト兼爆弾のある場所を突き止める。
色々あるんですけど、これが全てXXおちだったという、痛快さ!!

クリスを追っているのはFBIだけではなく、実は敵となるテロリストたちもクリスのことを追っている。
理由は作品冒頭にあるテロリストのセリフ「あの方が言うには、彼に邪魔をされるというから」。

ということは、もう1人「先見」ができる人物がいる---。
ということになりませんか?

ところが、映画があのオチで、このことについて何も触れられてないんですよね。
そこんところ、どうなのよ?って感じなんだけど。

SF・クション映画としては、充分に面白いと思います。

関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/3607-251ead72

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。