--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/3917-61f04d64

03

09

コメント:

ライブラリアン ユダの聖杯伝説 (2008年 / アメリカ)

ライブラリアン ユダの聖杯伝説 [DVD]ライブラリアン ユダの聖杯伝説 [DVD]
(2009/12/25)
ノア・ワイリー、ブルース・デイヴィソン 他

商品詳細を見る



ごく普通の図書館員(ライブラリアン)の主人公が、密かに秘宝を追う“トレジャー・ハンター”として大活躍する人気シリーズ。

「ER」シリーズのカーター役で知られるノア・ワイリーが主演を務め、「キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き」のスタナ・カティック、ベテラン俳優ボブ・ニューハートらが出演しています。

【あらすじ】

アメリカ、メトロポリタン図書館。
ごく普通の図書館に見えるその場所は、実は世界中に眠る秘宝を収集し、悪の手から守る役割を担う極秘機関でもあった。
そこで働く司書、フリンもまた宝の番人という別の顔を持っていた。
任務を完了し、バカンスをとったフリンだったが、不思議な魔力を持つ聖杯をめぐる争いに巻き込まれてしまい……。

・・・GYAO放映時「内容・詳細」より



初めて観ました。
どうやら、映画館用の映画ではなくTVシリーズ用の映画らしい。
こっちでいうと、2時間ドラマみたいなシリーズですね。

「ライブラリアン 伝説の秘宝」「ライブラリアン キングソロモンの呪文」に続く第3弾。

えぇ、いきなり第3弾を観ましたが、全く問題なく面白かったです。

内容は、メトロポリタン図書館所属のライブラリアンがバカンスで訪れた街で、ドラキュラ復活の陰謀に巻き込まれる!といった内容で、かなり軽目で大人向けのトレジャーハンター・ストーリー。

これ、よく出来てますよね~。
中だるみ無く、最後まで楽しめた。


仕事が忙しく、恋人とも別れたばかりのメトロポリタン図書館のライブラリアン・フリンは、ある日、美しい女性の夢を見る。
そんな時、「休暇をとって旅行してみたら?」と図書館員に薦められ、ある街へ。
その夜、不思議な歌声に惹かれバーに入ると、そこにはあの夢に現れた美女が!
ところがその美女が「あなたを呼んだのは私なの」という。
その美女に導かれるまま、バーの裏手へと行くと、そこは大昔は教会だったのだという。
「ユダの聖杯が利用されようとしている!なんとしてでも阻止しなければ」という美女とフリンの戦いが始まる。



あぁ、美女の名前が思い出せません。
かなりの美女です(^^;)
しかも彼女、実はヴァンパイアで齢403歳だと(^^;)


美女吸血鬼「敵は、ユダの聖杯でドラキュラ公ヴラドを甦らせるつもりらしい。なんとしてでも阻止しないと、世界は破滅してしまう!」

彼女は400年近く前、恋人と一緒にいるところをヴァンパイアに襲われ、ヴァンパイアになった。

そのことをずっと悔やんできたのだ。
だが、この時代まで生き続けたのには理由があった。
いずれ、誰かがヴラドを復活させようとするだろう事がわかっていたので、その鍵となるコインを守り続けていたのだ。

長い時代を全て自分の目で見てきた生き証人である彼女の豊富な知識は、トレジャー・ハンターのフリンにも役に立った。
おまけに簡単には死ねない体を持つ彼女は、フリンのピンチに現れ助けてもくれた。



もうねぇ、最高の相棒で恋人になれるんじゃない?
てか、一度ヤッちゃってるしな(゜ー゜;)
美女もフリンのことを好きなようですし。

えっと、敵は・・・元KGBの将校です。
「近頃のロシアの腐敗振りを憂いて、冷戦時代に戻りたい」という理由からのようだけど。
やっぱりいるでしょうねぇ。
時代の変革についていけない人---というのは。
でも自分に順応性が無いことは認めたくないので、「社会が悪い」と事を起こすバカたれですね。

ヴァンパイアの彼女の家の冷蔵庫の血液パックは笑ろた(*^^*)
以前、BL小説の中にもありましたが、最近ではちゃんとした提供者からのものを冷凍パックで購入するのだそうですよ。

実は妙な妄想をしてるかもだけど、「ヴァンパイアが特定ウィルスに感染した血液を摂取した場合は、どうなんの?」って(^0^;)


そして、ついにドラキュラ公ヴラド復活!


このあたり、映画としてはゆるいCGですが、TVドラマとしてみると結構贅沢な作りしてるんですよね。
日本だと、映画でもここまで綺麗に出来てない気がするけど?
どうしても、アニメとゲームの方ばかりにクリエーターが集結してる気がする。


美女「私もそろそろ眠りにつきたいわ。朝陽を見てみたいの。それまで付き合ってくれる?」

フリンは彼女をメトロポリタン図書館のライブラリアンに推薦しようとするが、彼女はそれを断った。

そして、手をつないだまま、朝陽が登る海を見つめる---。



もったいないなぁ~。
マジで半端無く、いい女だったですよ。
知識豊富、簡単には死ねない体、美人!
ライブラリアンにはうってつけだったでしょう。
しかも、どうやらメトロポリタン図書館館長の謎も知っていたようだし?

結局さぁ~、フリンはこの街に来る手はずになってたということだよな~?

すまん。
観た人にしかわからんことばかり書いてしまいました。

関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/3917-61f04d64

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。