--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/3981-e8722fd1

04

08

コメント:

息もできない (2008年 / 韓国)

息もできない [DVD]息もできない [DVD]
(2010/12/03)
ヤン・イクチュン、キム・コッピ 他

商品詳細を見る



傷だらけの男女を描く、純愛ラブストーリー。
国際映画祭・映画賞で25以上もの賞に輝き、キネマ旬報・外国映画第1位受賞。
俳優として活動してきたヤン・イクチュンが本作で監督デビューし、製作・脚本・編集・主演を務めています。

【あらすじ】

偶然の出会い、それは最低最悪の出会い。
しかし、そこから運命が動きはじめた。
「家族」という逃れられないしがらみの中で生きてきた愛を知らない男と、愛を夢見た女子高生。
引き寄せあう傷ついた二人の魂の描写が涙を誘う。(R15指定)

・・・GYAO放映時「内容・詳細」より


【関連リンク】

【息もできない】映画公式サイト(日本語)



【息もできない Breathless トレーラー】



二人でいるときだけ、泣けた---


あぁ・・・なんて苦しくてせつない映画なんだと思った。
実は、「血と骨」を観た直後に見たんだが、どちらも暴力シーン満載の映画なんだけど、あまり思うところの無かった「血と骨」に比べたら、思うところがありすぎて号泣シーンでありながらも涙が流せなかった部分も。

この映画の評価が高いのは、理解できるわ。

映画公開時に予告を観ていて気になってたんだけど、こんなに早く観られてよかったわ。


ヤクザで借金取りのサンフンは、取立て相手だろうが仕事仲間にだろうが、容赦なく拳を振るう。

そんなサンフンがある日出会ったのは、一見ごく普通の女子高生ヨニ。

道を歩いていて、サンフンが吐いたツバがヨニにかかってしまったのだ。


ヨニ「ちょっと!」

相手は見るからにヤクザなサンフンなのだが、ヨニは構わず文句を続ける。
そして、サンフンからクリーニング代金を受け取るのだが、なぜか相手のことが気になり、お互い連絡を取り合うことになる。



まぁ、大幅にストーリーを飛ばしましたが(^^;)
ヨニすごいよ、サンフンに殴られてもひるまないのよ!
だいたい、女子高生でヤクザに立ち向かっていく!ってのもすごいことなんだけど、立ち向かわれたサンフンも「なんじゃコイツ!?」と思ったでしょうね。
まず、そこのところが面白い。


サンフンには、老いた父親と目に入れてもいたくないくらいの甥っ子がいる。
その老いた父親にも暴力を振るう。
その理由は、昔、暴力を振るう父親のせいで、母親と妹を一度に失ってしまったからだった。

一方ヨニは、ベトナム帰還兵の父親の恩給でカツカツの生活をする女子高生。
なにかと「ベトナム帰還兵」であることを盾に横暴な態度に出る父親と、同じくすぐカッ!となる性質の弟ヨンジェの間で、疲れ果てていた。
母親は昔、屋台を営業していたが、店をヤクザに襲撃され、その際に死亡している。



ヤクザと女子高生。
妙ちくりんな取り合わせなんだけど、お互いの間に流れる空気がとてもいい。
一応「純愛」と謳っているものの「恋愛色」は全く無く、似た傷を持つ二人が何も語りはしないが、「ふたりでいる時だけ素の自分に戻れる」という安心感を観ていてすごく感じる。

特に、あの漢江の膝枕のシーン。
あれは、泣ける(。´Д⊂)

私も実は、自分のことでは泣けない性質なので、あの気持ちはよくわかる。
泣くと、自分が崩れ落ちそうになるようでイヤなのよ。
でも、悔しくないわけでも悲しくないわけでもなく。
そのうち、自分の人格がバラバラになっちゃうんじゃないだろうか?と思うくらい。

映画の主人公サンフンとヨニは、そういう状態の中出会い、自分自身を取り戻そうとしてるんじゃないかと思う。


そんな最中、ヨニの弟ヨンジェが年齢を偽り、取立ての子分としてサンフンの下で働くことになった。

ところが、ある日取立てに行った先で父親に暴力を振るわれている子供を見て、取立てを諦めたサンフンは、そのことが元で言い争いをしたヨンジェに殴られ、命を落としてしまう---



これは、すごいショックでした。
いや、正直ここまでネタバレしたらいかんやろ・・・と思ったけど、あまりにショックだったのでつい。

なんかもう、「やっと人並みの感情が戻ってきつつあったサンフン」が死んだことで、どうにもやりきれない気持ちで、泣けなかったんだよ。

更にショックだったのが、ヨンジェのその後。
これは、バラさないでおこう。

いや、マジでいい映画でした。
また観たい。

関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/3981-e8722fd1

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。