--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/4041-c0d46c0a

05

09

コメント:

ヘタリア World Series 第13話

ヘタリア World Series vol.3【初回限定版】 [DVD]ヘタリア World Series vol.3【初回限定版】 [DVD]
(2010/10/22)
浪川大輔、安元洋貴 他

商品詳細を見る



【あらすじ】

マリア・テレジア女王を認めようとしないプロイセンは、フランスやスペインらと手を組み、さらに反発を強めるのだった。
一方オーストリアが頼りにしていたイギリスは、騒ぎの最中置き手紙を残し帰ってしまう。
その内容とは・・・。

・・・アニメ公式HPより

【関連リンク】

【ヘタリア ドットコム】アニメ公式HP
【Axis power ヘタリア】漫画公式HP



1740年、マリア・テレジアはオーストリア大公・ハンガリー王の地位に就きました。
しかし、それに反発したプロイセンはフランスとタッグを組み、更にスペイン達と手を組んで「オーストリアぶっ潰し隊」を結成したのでした。


プロイセン「あの坊ちゃんの命乞い聞くのが楽しみだな」


あぁ、なんて意地悪い顔なんだ(ノ∀`)


その頃、イギリスと同盟を組んでいたオーストリアだったが、いざ戦争が始まってみると・・・

イギリス「フランスだけ殴りたいので中立にまわる」

イギリスはそう置手紙を残し、去っていった。

もちろん、オーストリアはプロイセンにぼこぼこにされてしまい・・・。


オーストリア「イギリス、あなたの役の立たなさは、後世まで語りつごうと思います」


(o_ _)ノシ☆あはは!!
「フランスだけ殴れればいい」!!
プロイセンのあの気の毒そうな表情も、ちょっとなんだかだよなぁ。


オーストリア「・・・ということで、負けました」
マリア・テレジア「案ずることはありません、既に手は打ちました」

ハンガリー「オーストリアさん!10万の兵を連れてきました」

オーストリア「危険すぎます!」

ハンガリー「殺らせてください!!」



(*´∀`)ハンガリーの「プロイセン殺す」怖いです。


その後、ハンガリーのがんばりのおかげでなんとか侵略を食い止めることが出来た。

プロイセン「あはは・・・ま、今回はこれ位にしてやるかな」

しかし、シュレゼンは持ち逃げされたまま、アーヘン条約で戦いは終わってしまいました。


プロイセン「俺って頭いいよなぁ。ちょっと負けかけたけど、結局欲しいものは手に入ったし、結果的には俺の勝ち!」


(*´∀`)プロイセンに「大事なところ返して」って言うハンガリーが怖すぎる。
最初から「殺せてください」だもん・・・。
ヘタリア京アニ化!?って思っちゃうよ。

しかもこの戦争。
そうそうに決着がついていたのにも関わらず、フランスとイギリス間だけ戦争が継続されることになってしまう。
このあたりが傍目で観るとどうにもおかしいんだが・・・。
ま、積年の・・・と言ったところでしょうかね。

関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/4041-c0d46c0a

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。