--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/4096-bd4ee2df

06

07

コメント:

三大怪獣 地球最大の決戦 (1964年 / 日本)

三大怪獣 地球最大の決戦 [DVD]三大怪獣 地球最大の決戦 [DVD]
(2008/02/22)
夏木陽介、星由里子 他

商品詳細を見る



【あらすじ】

全長100メートル、体重3万トン、翼長150メートル。
竜をイメージした3本の頭部からは引力光線を発射し、5000年前金星を滅亡に導いた黄金の巨大生物キングギドラ。
この凶悪にして華麗な宇宙怪獣を迎え撃つため、ゴジラ、モスラ、ラドンが共闘し、富士の裾野で壮絶な戦いを繰り広げる。

・・・データベースより



【三大怪獣 地球最大の決戦 予告】




19XX年、日本。
冬に気温28度を越す異常気象が続く中、夜空に多くの流星群が確認された。

その頃、某国の王位継承権を持つサルノ王女が、クーデターを避け、お忍びで来日することに。
しかし、特別機で日本に向う途中、「今すぐ、ここを立ち去りなさい」というお告げを聞き、何の装備も無いまま、飛行中の飛行機から飛び降りる。
その直後、王女の命を狙う者の仕掛けた爆弾が爆発し、飛行機は炎上してしまう。

数日後、「地球は今、滅亡の危機にさらされている」という自称・金星人の女性預言者が巷で話題になるが、その預言者こそがサルノ王女なのだ。


金星人「まず、九州阿蘇に異変が起こります。溜まったガスが原因でラドンが復活します」

数日が経過し、金星人の預言者の言うとおり、阿蘇の火口からラドンが出現する。



一方、「あの人は今どうしているでしょう?」というTV番組に子供が二人登場し、「モスラに会いたい」というのだ。
モスラをTVに呼び出すことは叶わないが、その代わりに小美人が出演してくれた。


子供1「モスラは2人共、元気?」

小美人A「ありがとう。1人は死んじゃったの」

子供2「もう1人は?」

小美人B「とっても元気よ。まだ赤ちゃんだけど、島のまわりを立派に守ってくれてるわ」


小美人がインファント島に帰るため客船に乗ろうとしたそのとき、金星人の預言者が現れ「この船を出航してはいけません」という。
しかし、その言葉を信じなかった船長は客船を出航させ、海上でゴジラに襲撃され撃沈してしまう。

預言者の言葉を信じた小美人は逃げ出していて無事だった。


金星人「あなた方はまだわからないのですか。キングギドラのために、この星は滅亡します」


キングギドラのデビュー作品です。

もうねぇ、この作品の前まではストーリーや展開が大人向けだったゴジラシリーズ。
この作品から、ちょっとおちゃめな子供向けのシーンが入り始めるんですよね。

特に、ゴジラとラドン2匹揃ったら「あんたらガキですか!?」みたいな言動(爆)・行動をとり始めるんですよ(^^;)

ゴジラ・ラドン・キングギドラといえば!!
ゴジラがシェーを連発した「怪獣大戦争 (1965年作品)」ですよ。
もう、ギャグだよねぇ(ノ∀`)


富士山麓で遭遇したゴジラとラドンの戦いが勃発!!
その頃、流星群の一部と見られる隕石が落下した黒部ダム付近で突如キングギドラが出現する。
キングギドラは隕石の中から現れたのだ。

その頃、小美人は総理大臣・防衛大臣から「モスラ出動要請」を受けていた。


小美人「もし、モスラが戦ってもキングギドラには勝てないでしょう。でもひとつだけ希望があります。モスラとゴジラ・ラドンが力を合わせる事です」

総理大臣「誰が説得するんです?」

小美人「モスラに話してもらいます」


モスラ、インファン島を出立し、日本へ---。



早いなぁ(゜ー゜;)モスラ(幼虫)、もう到着してるよ。
ゴジラとラドンが喧嘩してる最中に着いたぜ。
前に別の作品見た時は2日位かかってたような気がしたんだけどなぁ…。
いったい、どうなってんの?


ゴジラとラドンの喧嘩中に到着したモスラ(幼虫)は、2人に挟まれ戸惑ってしまう。
まず、ゴジラに糸を噴きかけ動きを封じる。
それを観てラドン喜ぶ!!
しかし、ラドンにもモスラ(幼虫)は糸を噴きかけ、自分に目を向けさせることに成功。


モスラ(幼虫)「争いをやめ、力を合わせてキングギドラから地球を守ろう!」

ゴジラ・ラドン「俺たちの知ったことか。勝手にしやがれ!」



(o_ _)ノシ☆あはは!!
ゴジラとラドン、顔はそっぽ向いてふんぞり返ってるよ!!
あぁ~もう!!可愛い!!

注)怪獣の会話は小美人の通訳。


ゴジラ「我々が人間を助ける理由は無い。人間はいつも我々をいじめているではないか!」

ラドン「そうだそうだ!」

モスラ(幼虫)「この地球は人間達だけのものではない。みんなのものだ。その地球のために戦うのは当たり前のことではないか!」


それでも、耳を貸さないゴジラとラドン。
そして、モスラ(幼虫)は1人でキングギドラと戦う決意をする。
しかし、強いキングギドラにコテンパンにされてしまったモスラ(幼虫)を観て、ゴジラとラドンは考えを改め、参戦することに!



よかった、よかった(^^;)
もうさぁ~やけに人間臭いんだよ、ゴジラとラドンがさぁ~。
傷を負って山登るのがしんどいモスラ(幼虫)に尻尾を掴ませてやるゴジラとかさ。
ちくしょう、可愛いよなぁ・・・ゴツイけど。

戦闘中、キングギドラが放つ光線で股間とお尻をやられたゴジラの慌てっぷりが大爆笑!!
そんなんアリかよ~(ノ∀`)

モスラ(幼虫)とラドンの合体技は面白いですね。
もう、キングギドラの負けが決定してんのに、まだ追い討ちをかけるゴジラもス・テ・キ!

金星人=サルノ王女の正体は本編にてどうぞ。

最後にインファント島に帰るモスラを見送るゴジラとラドンの姿もいい(^^;)

そうか・・・
キングギドラ相手では、1人では倒せないのか(゜ー゜;)



関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/4096-bd4ee2df

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。