--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/4310-f7031f29

05

02

コメント:

満員御礼!四方探偵事務所 綾部いちい/ill.ひだかなみ

満員御礼! 四方探偵事務所 (B’s‐LOG文庫)満員御礼! 四方探偵事務所 (B’s‐LOG文庫)
(2007/08/20)
綾部 いちい

商品詳細を見る



【あらすじ】

骨董品の蒐集家としても有名な陶芸家から、紛失した『月の石』を探して欲しいという依頼が来た。
僕、豆田文治郎も、調査に入った一臣さんへのお使いで現地へ向ったんだけど、お屋敷に住んでいたのは、腰が低すぎる主人にコスプレメイド、姿を現さない長男など、変な人物ばかり。
そしてここにもKX3の影が見え隠れして・・・。

ついに大規模犯罪に乗り出した迷惑集団KX3。
文治郎は、今回も事件の渦中に巻き込まれてしまうのか!?

奇人変人、そして美男子。
大混乱の末の大団円---なるか!?

・・・巻末より抜粋。

【収録作品】

「CASE1:月の石事件」
「CASE2:怪人王退場」

【シリーズ全3巻】

【ご用命は!四方探偵事務所】
【特盛り一丁!四方探偵事務所】
【満員御礼!四方探偵事務所】

【関連リンク】

【ビーズログWeb】エンターブレイン・ビーズログ公式HP
【綾部いちい】HP無し(別P.N.があるそうです)
【ORIGIN】ひだかなみ先生HP



いよいよ最終巻です。
やる気ありません。私がです(^^;)
ちょっと、プライベートで色々ありすぎました。
まだ、全く落ち着きませんが、なんとか生きてます。


「CASE1:月の石事件」

ある陶芸家から『紛失した月の石を探して欲しい』という依頼を受けた四方探偵事務所は、西入一臣を屋敷に派遣する。
そこに、事務所から一臣宛の使いとして文治郎がやってくるのだが、屋敷の住人たちの態度に違和感を感じた矢先、事件に巻き込まれる。


というストーリー。
これは、かなり早い段階で犯人が判ってしまうのでスルーして・・・

(^^;)気まぐれですまんのぉ。
だって、ホントにすぐ犯人が判ると思うんですよ。
私が2ページ位で判った位ですから!!

ただ、注目して欲しいのは「依頼人に『四方探偵事務所に相談するといい』と教えた人物f誰なのか?」というところです。

ぶっちゃけネタバレすると、怪人王なのですが・・・。

前の巻の終りに「KX3という組織も一枚岩でなくなりつつある」という話をしたと思います。
その「KX3からの離反者」が起こした事件がこの「月の石事件」で、怪人王は離反者たちを監視していた---ということになりますわね(゜ー゜;)
その上で、依頼人に「四方探偵事務所」に相談することを薦めたのでしょう。
だって、何度も対峙してますから、行動パターンが読めてるだろうし・・・。
おかげで、一件落着も早かったです。

そして、ついに「怪人王、日本での活動の総仕上げ」にかかります。


「CASE2:怪人王退場」

怪人王「みなさん、お金は好きですか?ここにざっと5百億、重さにして5.3トンの精巧に作られたニセ札があります。これを日本中で、好きなだけ使ってきてください!」


す、すごいです・・・。
精巧に作られたニセ札5百億!!

いくらニセ札といえど、ニセ札だと判明し全国に通知が出されるまでの時間中に、いったいどれだけ使われるのか。

「流通貨幣の0.001%のニセ札が見つかるとインフレが生じる」といわれている。
ちなみに、日本で流通している一万円札が約65億枚。
インフレを生じさせるには、少しばかり足りないが、「大量のニセ札が出回っている」という報道がもたらす影響力を考えると、トンデモナイ事態になってしまう。


文治郎は、四方探偵事務所の前でうろついている怪人ダニエルから「ニセ札を大量にもらって困っているので助けて欲しい」という依頼を受け、奔走。

また、他の探偵たちは警察からの依頼でニセ札を追って全国に!

そして、ついに日本を離れる怪人王との決着の時が!!!!



ニセ札5百億の使い道。

バラまいて周囲を大混乱に巻き込んだり、自分を目立たせるために使った者も。
環境汚染の実態を知ってもらうために使った怪人もいました。

その中で私が最も笑ったのがコレ↓


大阪道頓堀

怪人弾丸レディー「『お金があったら、あれもしたい、これもしたい』って普段から考えてたの。でもね?使っても使っても全然減らないんだモノ。『お金を使うのにも才能ってものが必要なんだな』って」


(o_ _)ノシ☆あはは!
たしかに、そうかもしれない!
私も普段、宝くじ当たんねーかなぁ?とか考えてるけど、もし当たったとしても使い道なくて貯金するのが関の山だろうなぁ(゜ー゜;)って思ってんだよね。

そして、このニセ札事件ですが、実は最も性質の悪い怪人を相手にしてしまったのが、文治郎のようなんです。
怪人ダニエルは一見すると、おどおどしたヘタレ青年。
だけど、ものの考え方が自己中心的で、とても歪んでるんですよ。
そのおかげで、文治郎は発砲されるという事態に!


ついに最終決戦、全メンバーがそれぞれ因縁のある相手と対峙しますが、その結果やいかに!?


(*^p^*)ネタバレしたいけど、しない。
オチが、すごく面白かったから!!

文治郎はこれまでアルバイトでしたが、ついに探偵となり、初依頼が舞い込む!
「みーちゃん探し」笑ったなぁ(*^^*)

中途半端な感想ですまんです。
もう10回位読み返してるので、ちょっと飽きてきた。

中学生・高校生の女の子を対象とした、いわゆるティーンズ文庫小説というヤツなんですが、軽くサクサク読める割りに、たまに凄く面白い作品に出会えるのでやめられませんな。



関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/4310-f7031f29

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。