--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まま

初期の必殺は物語にも衣装にも泥臭さというか人間臭さがあったと思う。
物語の結末は決して胸がすっきりするものでは無かった。
でも無情ではなかったけど無常であった。
「これが今私に出来る精一杯のこと」
そんな終わり方も多かったような気がする。

05

25

02:16

まま様@魔人ぷぅ


> 物語の結末は決して胸がすっきりするものでは無かった。

そうでしたねぇ e-441
「1話完結、終りスッキリ!で大団円」が多かったドラマの中でも、ちょっと異色でした。

でも、その「釈然としない終わり方」が逆に、リアルっぽく感じられてしまって e-446

05

25

06:24

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/4323-9e1e3cb0

05

25

コメント:

必殺仕置人 第1回

必殺仕置人 VOL.1 [DVD]必殺仕置人 VOL.1 [DVD]
(2002/01/10)
山崎努、沖雅也 他

商品詳細を見る



第1回:「いのちを売ってさらし首」

【あらすじ】

江戸を騒がせた「闇の御前」と呼ばれる凶悪犯が斬(き)られ、さらし首となった。
だが、お咲は、その首は捜していた父親だという。
同情した棺桶の錠が「替え玉にされた父親の敵を討てば、お咲が三十両出す」と口走ったため、天神長屋に住む骨つぎ師、念仏の鉄らがとびついた。
同心、中村主水もこの話に乗った。
主水は牢(ろう)につながれている暗黒街のボス、天神の小六を連れ出した。
小六が指摘したのは、主水も顔見知りの廻船問屋、浜田屋庄兵衛だった。
そして“仕置人グループ”は庄兵衛が、奉行牧野備中守と通じているのをつきとめた。

・・・GYAO放映時「映像詳細」より



まさかこの人気シリーズがGYAOの無料放送で観られるとは思っていなかったので、感激!!

江戸を騒がせた凶悪犯「闇の御前」と呼ばれる男が、さらし首となった。
しかし、その晒された首を見て、田舎から父親と一緒に江戸に出てきていた娘・お咲は「おとっつぁんに違いない!」と確信する。

ほどなく、何者かに追いかけられるようになったお咲は、偶然に通りかかった棺桶屋と呼ばれる錠
に助けられる。

そして、「闇の御前」として晒し首になった父親の話を信じた棺桶屋は、北町奉行所定町廻り同心・中村主水、元僧侶の骨接ぎ師・念仏の鉄、姉御肌のスリ・鉄砲玉のおきん、陽気でお調子者の瓦版屋・おひろめの半次に「復讐すれば30両出す」と言ってしまう。



それにしても、すごい悪党もいるもんで・・・。
しかも、利権がらみで役人まで抱きこんでるとは・・・。

でも、現在のような科学捜査など無かった時代には、替え玉や濡れ衣といったことはたくさんあったんだろうなぁ(゜ー゜;)
という想像が簡単についてしまうから、ホントに怖い。

そして、全ての復讐を果たしたあと・・・
父親を替え玉にするために拉致した男を前に、石を投げつけるのを我慢したお咲ちゃんは偉い!!
本当は、自分の手で八つ裂きにしたいくらいに憎んでただろうに(。´Д⊂)


念仏の鉄「おい、金は?」

棺桶屋の錠「ねえよ」

念仏の鉄「はぁっ!?」


「30両払う」はあくまでも釣りで、最初からそんなお金は無かったのである。


おひろめの半次「はいこれ。お咲ちゃんが身を売って作った金だ」

復讐を果たす手助けをしてくれた皆にお金を払うため、お咲は女郎屋に自分を売ったのである。



お咲ちゃん、復讐を果たしふっきれたのでしょうね。
多分、私がお咲ちゃんの立場でも同じことすると思う・・・(。´Д⊂)


中村主水「俺たちは今度から、こういう仕置きをやっていこうと思う。ただし、見つかれば張りつけは間違いないけどな」

念仏の鉄「これはお前の取り分だ。俺たちと仕置きを続けるなら受け取れ。やらないんだったら、今すぐ消えろ」


棺桶屋の錠は、作りかけの棺桶の上に置かれた小判を受け取った。



あー、それにしてもみんな若い!!(^0^;)
そして、やっぱり沖雅也は美しい!!
今ドキのイケメンとは全く違う、本物の美しさだよ(´∀`人)
やぁ、目の保養♪



関連記事
スポンサーサイト

まま

初期の必殺は物語にも衣装にも泥臭さというか人間臭さがあったと思う。
物語の結末は決して胸がすっきりするものでは無かった。
でも無情ではなかったけど無常であった。
「これが今私に出来る精一杯のこと」
そんな終わり方も多かったような気がする。

05

25

02:16

まま様@魔人ぷぅ


> 物語の結末は決して胸がすっきりするものでは無かった。

そうでしたねぇ e-441
「1話完結、終りスッキリ!で大団円」が多かったドラマの中でも、ちょっと異色でした。

でも、その「釈然としない終わり方」が逆に、リアルっぽく感じられてしまって e-446

05

25

06:24

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/4323-9e1e3cb0

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。