--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/4324-de2255bd

05

28

コメント:

必殺仕置人 第2回

必殺仕置人 VOL.1 [DVD]必殺仕置人 VOL.1 [DVD]
(2002/01/10)
山崎努、沖雅也 他

商品詳細を見る



第2回:「牢屋でのこす 血のねがい」

【あらすじ】

江戸の雑穀問屋たちが、大豆買い占めで大もうけしようとはかった。
ひとり反対した和泉屋は、抜け荷の罪を着せられて没落、自殺に追いやられた。
その娘おしんは、親の敵を討とうと、色仕掛けで接近、二人を殺した。
危険を感じた山城屋は、与力を買収、同心の中村主水が護衛にあたることになった。
鉄と錠が下っ引きに化けた。
鉄は、山城屋を狙っているのがおしんであることをつきとめた。
そのおしんは、単独で山城屋を殺そうとしたが失敗、捕えられる。
「死にきれない、あとを頼む」と、おしんは主水らに三十両を残し、処刑されて死んだ。

・・・GYAO放映時「映像情報」より



雑穀問屋の近江屋の店主が殺された。
その遺体の腕に長い髪の毛が絡まっていることに気付いた主水は、その髪の毛をこっそりと持ち帰る。
また、先日殺された雑穀問屋・松前屋と同じように、口に花札を咥えさせられていた手口から見て、2件の事件の犯人は同一人物だと思われる。



あー・・・すごい。
江戸にある雑穀問屋の数と花札の総数が同じ数で、殺された松前屋と近江屋は親札(20点札)の組するものだとする主水の推理。
そんだけ頭のキレが良くて、なぜ出世できない?
やはり、賄賂か!!?(ノ∀`)


花札から推理していた主水の話によると、その中で最も頭のキレが良く、力も持ち合わせていた和泉屋が一昨年「抜け荷の罪」で財産を全て没収され、自殺を図ったのだという。
その「抜け荷」については、「大豆を買い占めて、密貿易しようとした」のだという。
残る親札(20点札)は2枚。
そして、生存している有力な雑穀問屋も2件、山城屋と越後屋である。


半次「越後屋、たった今、どざえもんで上がりました」


(o_ _)ノシ☆あはは!!
湯豆腐屋での打ち合わせでしたが、「大豆の買占め」で豆腐の値段も上がってるもんで、会計票見て愕然とする鉄の姿が・・・!!

そういえば、主水もお家ご飯の定番「豆腐の味噌汁」が「おすまし」になってたっけ!!

(ノ∀`)やりくれんなぁ、もう。
それにしても、原料の値段が5倍ってすごいよねぇ(゜ー゜;)
現在はある程度の生産管理と備蓄方法があるので、そこまで値上がりすることはないモンなぁ(゜ー゜;)。

けど、もし現代で大豆の値段が5倍にも一気に値上がり!とかになると、先物取引している人なんかはウハウハですな(゜ー゜;)

残りは、山城屋1件のみ。
けど、おかしなモンですね・・・。
大豆を買い占めた雑穀問屋の下締めが、こうも次々と殺されている。
それなのに、買い占めた大豆の放出は全くなく、依然、大豆の値段は上がる一方。
と、いうことは残る山城屋が全て総取りしている---としか考えられませんわね?

当然、中村主水もそこに目をつけた。


そんなところに、上役から山城屋の警護をおおせつかった主水は、鉄と錠を連れ山城屋へ。

主水「商売以外のところで、誰かに恨みを買った---ということは?」

山城屋「私は商売人です。商売人に『情け』という言葉はありません」



山城屋、人当たりの良さそうな笑顔と話し方ですが、こういうのが一番怪しいんだよなぁ(^0^;)

「悪い奴ほど優しい顔して近づいてくる」

これは、間違いないと思う魔人ぷぅ(^^;)
だって、今までずーっとそうだったもん!!


鉄は、山城屋の警護中におしんという美しい女と出会いねんごろになるが、その最中、おしんの髪の毛の感触が、主水が持っていた「近江屋の腕に絡まっていた髪の毛」と同じ感触であることに気付き、おしんが真犯人であることを確信する。

鉄「そのかんざしで、男を3人も殺したのか・・・?事と次第によっては、その仕事俺が引き受けてやってもいいよ。ただし、ちょっと高くつくけどな」

しかし、おしんは鉄を頼らなかった。
鉄は、「捕まえる気もなければ、密告する気もない」といって立ち去る。
その後、おしんは山城屋暗殺に失敗し、浪人たちの慰み者にされた挙句、役人に引き渡され牢につながれる。
そして、お裁きの結果「張りつけの刑」に決定した。


主水「おしん、お前がおしらすで言ったことは本当なんだな?」

おしんは、和泉屋店主の娘だった。
「大豆を買い占めよう」とする山城屋に反対した和泉屋は、山城屋に濡れ衣を着せられ、自殺に追い込まれたのだ。
結果、一家は離散。その上、それぞれ自殺したのだと。
その復讐を果たしたい---だから雑穀問屋の元締めたちを次々と殺害していったが、越後屋だけは違うと言う。
おしんが殺害する前に、既に殺されていたのだという。


おしん「あと残るは山城屋だけ。私は地獄に落ちたっていい!お願いします。私の願いを叶えてください!!」

数日後、おしんは張りつけにされ、処刑されてしまう。

依頼料30両は、おしんの言った通り、桜の木の下に埋められていた。


主水「鉄、意味はわかるな?」

鉄「山城屋をどうしてやろうかな?あ~ゾクゾクしてきた」



いや、すごい爽快感!!
骨接ぎやの鉄のシーンです!
背骨を伝ってグッ!と指を入れ、ボキボキッ!と骨を折るシーンがレントゲン!!
やぁ、懐かしい!!(*^p^*)
でも、なんだか気持ちよさげ♪

(^0^;)あはは!鬼畜。
山城屋のお仕置き:3日間、飲み食いさせず、目の前に白飯置くなんて・・・。

それにしても、ホント悪い奴らばかりですよ・・・。
でも、おしんは京都に養女に出されていたから、一人難を逃れられたワケでしょ?
今回のことで、養い先まで何らかの被害を被ってしまうんじゃ・・・?
と、心配になっちゃうんですが(゜ー゜;)



関連記事
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/4324-de2255bd

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。