--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花mame

こんばんは☆
 
この話はまだ続くのですよね?
何だかワクワク・・・?

10

08

00:33

花mame様@魔人ぷぅ


> 何だかワクワク・・・?

もしかしたら、ホラー映画よりも怖いかもよ? e-447

10

08

01:29

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/4408-55463aac

10

06

コメント:

お見舞い当日。

Black-Secret


Y田氏との待ち合わせは、午後14時・某病院そばの地下鉄最寄駅5番出口。
時間の指定は彼からだったが、待ち合わせ場所に出口を指定したのは私。
5番出口なら階段登れば病院が目の前なので、土地勘の無い彼にもわかるだろうと思って。

ところが、時間になってもやってこない。
30分待って、やっと現れた。


Y田氏「ごめ~ん!出口間違えちゃって、2番出口で待ってたよ~」


どうして、そんな嘘をつくのだろう・・・。
2番出口は、建物の角を挟んで反対側にあるが、非常に見通し良く作られた吹き抜けの角からバッチリ見えているのだが・・・。
おまけに、JR博多駅から徒歩でやってきた私は、2番出口の前を通過し目的地に到着。
しかも、何度か2番・5番出口を行き来している。
2番出口で数十分待っていたなら、気付かないハズはないのだけれど・・・。


Y田氏「ところで、Ⅰ藤氏に電話したら『一時帰宅』してるらしくて『すぐ病院に戻るから待ってて』って言われたよ。だから、お茶でもしていかない?」


・・・馬鹿らしい。
すっごく馬鹿らしくて帰りたくなったのだが、せっかく見舞いの品の「柿大福」も購入していたので我慢し、2番出口のまん前にあるドトールへ。


Y田氏「お茶くらいおごるよ~」


アイスティーMサイズ、260円をおごってもらった。



お茶を飲みながら、たわいない話をする。
だが、している会話と違うことが頭の中をかけまわる。
そして、確信した。

おそらく「Ⅰ藤氏がY田氏に貸したお金の返済を迫り、病院に呼びつけた」のだと。
だが、お金を返したくないY田氏は「第三者を連れて行けば、Ⅰ藤氏も『金返せ』とは言い出しにくくなるのではないか?」と画策したに違いない。


Y田氏「Ⅰ藤氏、魔人さんに会いたがってたから、すっごく喜ぶよ」


嘘の上塗りを始めるY田氏。

なぜならば、私はⅠ藤氏とほとんど会話をしたことが無い。
おそらく、Ⅰ藤氏だって私のことを覚えていないと思われる。

Ⅰ藤氏をはじめて「可愛いおじさん」と呼んだのはⅠ上さんである。
そして、「Ⅰ藤さんのファン!」を公言して憚らなかったのもⅠ上さんだ。

しかし、そのⅠ上さんと直接連絡がとれず「マズイ!」と思って、私に声をかけたか・・・
あるいは、Ⅰ上さんを呼び出しやすくするために、仲の良かった私をダシに使おうとしたかのどちらかだろう。

さぁ、どのあたりでY田氏の顔が青ざめるのか見ものだな

30分ほどしてY田氏の携帯にⅠ藤氏から電話が入り、病院に戻ってきたという知らせを受けた。

そして、2分後---。


魔人「ご無沙汰してます。覚えていらっしゃいますか?」



関連記事
スポンサーサイト

花mame

こんばんは☆
 
この話はまだ続くのですよね?
何だかワクワク・・・?

10

08

00:33

花mame様@魔人ぷぅ


> 何だかワクワク・・・?

もしかしたら、ホラー映画よりも怖いかもよ? e-447

10

08

01:29

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://loindici.blog39.fc2.com/tb.php/4408-55463aac

New Entry & Comment

Search

Category

openclose

Link

Book log

Parts


Profile

魔人ぷぅ

Author:魔人ぷぅ
属性:雑食性貴腐人

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QLOOKアクセス解析


Designed by

Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。